本文へスキップ

自動車内装修理、バイクシートの張替え、カーインテリアのレストア、カスタムはアサヒシートにおまかせください。

Tel&Fax0561-53-7795

〒488-0814 愛知県尾張旭市西大道町前田3847

シートの部分張替え 施工例HEADLINE

自動車内装店【旭シート】HOME施工メニュー部分張替えの施工例



シートの一部分が破れてしまったとき、こんな修理の方法もあります。

長年の使用で劣化してしまったシート。 表皮が破れ、中のスポンジがヘタったり、えぐれてしまった。
こんな時は、シート全てを張り替えるのではなく、劣化した部分のみを施工するだけでOKです。
オリジナルの風合いをいかしたいレストア時やコストを抑えたい場合の施工例を紹介します。




部分張替え前のシート 座面が破れてしまっているシート タバコの焦げあと

@ 乗り降りする側の破れ。中のスポンジもえぐれています。反対側にはタバコの焦げあとが。こんな時は、その部分の生地だけをを交換します。






ウレタンスポンジ修理 スポンジ修理と補強 スポンジ修理の仕上げ

A シート表皮をはがしたあと、スポンジを修理します。えぐれたところに硬質ウレタンを入れて成型します。(左) 
   次に、補強用の生地を貼り付けます。(中)
   そして、さらに仕上げ用のスポンジを貼り付けます。
   これで、シート中身の修正ができました。完成後、修理したとはわからないでしょう。




張替え後の画像 焦げあとの修理完了 部分張替え完了

B はがしたシート表皮を分解して、新しい素材を縫製し、取り付ければ、このようになります。




プラスチックパーツの破損 プラスチック部品交換 カバー取り付け

C あとはカバー類を取り付ければOKなのですが、上のようにプラスチックパーツが破損している場合は新しいものに交換します。





プラスチックカバー取り付け完了 右側カバー取り付け

D 反対側のカバーも取り付けて、作業完了です。





部分張替えシート完成 シートの部分張替え完成の写真

E スポンジのヘタリもなくなって、シャキッとしました。タバコの焦げあとも消えてスッキリしました。
   あとは、掃除をして作業完了です。。





◎旭シートでは、いろいろな技術を組み合わせて作業をしています。自動車内装でお困りの際は、どうぞ、お気軽にご相談ください。


施工メニュー / 店舗案内 / アクセス / サイトマップ / シート張替え / 内装カスタム / バイクシート

【旭シート】HOME

車のシート張替え、修理、バイクシート張替え、天井張替え、ハンドル革巻き