本文へスキップ

自動車内装修理、バイクシートの張替え、カーインテリアのレストア、カスタムはアサヒシートにおまかせください。

Tel&Fax0561-53-7795

〒488-0814 愛知県尾張旭市西大道町前田3847

ドアボード作製 (旧車レストア系)施工例HEADLINE


自動車内装店【旭シート】HOME>施工MENU>ドアボード新規作製


◎旧車の内装レストアでは一般的な作業です。ここでは、VOLVO1800ES(1979年式)を例にします。


ボルボ1800ES  ボルボ1800ES

ドアボードを新規に作製します。

旧車のドアボード 劣化  旧車のドアボード 運転席側

運転席、助手席ともかなり劣化しています。ドアボードのふちをタッピングビスで押さえてありますが、元々はこのような留め方ではないと思います。




ドアボードとボディーの隙間  ドアボード上部パーツの亀裂

車体とドアボードのサイズがなぜか全然合っていません。隙間が気になるので、新たに型を取り直します。(左)
それから、ドアの上部部品に亀裂もありますので、ついでにリペアします。(右)


旧車のドアボード劣化した画像  ドアボードの下地作製

はずしてみればこのとおり、かなりの劣化です。        車両本体から型を取って、専用素材を使って下地のボードを作ります。


亀裂にパテを埋める  パテ埋め後 サンディング

樹脂パーツの損傷した部分には専用パテを入れて、                    サンディングして肌を整えます。


ドアボード本体完成  ドアボード本体裏側

レザーを張って本体は完成です。あとは、ポケットを作ります。     ボディーに取り付けるための金属製スナップも新品に交換します。


既存ドアポケット 劣化  ドアポケット 作製

ポケットも長年の湿気でブヨブヨになってます。                          新しく作ったのがこちらの写真です。


ドアボード完成  自動車ドアボード再生完了

ポケットを付けて、あとは車体に取り付けるだけになりました。        レギュレターハンドルやスピーカーを取り付けて完成です。


上部部品リペア完了  旧車の内装レストア

亀裂もリペア(パテ埋め&塗装)で綺麗になりました。              


◎旧車のドアボードなど、内装でお困りの際はどうぞお気軽にお問い合わせください。